ミカドアゲハ

 難しい被写体です。食樹としてオガタマノキが良く知られています。しかし、園芸種のオガタマノキ(カラタネオガタマ、トウオガタマ、ポートワイン)も食樹としています。飼育には園芸種のオガタマノキ(大木にならない)がお勧めです。上2枚以外は飼育。


 平成21年4月17日(金)。♂。下と同一個体。春型は裏面の淡橙黄色が広がる。


 平成21年4月17日(金)。♂。上と同一個体。


 平成27年7月5日(日)。♀。下と同一個体。


 平成27年7月5日(日)。♀。上と同一個体。お尻を撮ってみました。


 平成27年7月5日(日)。♂。翅裏に♀♂差はほとんどありません。


  平成27年6月3日(水)。終齢幼虫。食草はオガタマノキ(ポートワイン)。眼が愛らしい・・・。


 平成27年6月6日(土)。葉柄向き。ポートワイン。



  平成27年8月7日(金)。葉先向き。ポートワイン。かじり痕までまで真似る芸の細かさ。葉柄を糸でしっかり括り付け落葉を防いでいるように見えます。


  平成28年7月14日(木)。葉柄向き。オガタマノキ。


  平成28年7月14日(木)。葉柄向き。オガタマノキ。


 平成27年8月20日(木)。若宮八幡社。葉先向きは希。蛹化位置に注目。オガタマノキ。


 原色日本蝶類生態図鑑(T),93 より。

 在来種オガタマノキ(Michelia compressa)で蛹化するとき、大分では主に葉柄に向かって蛹化します。葉先に向かって蛹化する個体はまれです。
 たくさんあるネットの写真を見ると、蛹化方向は葉先向き・蛹化位置は葉柄の際が普通のようです。図鑑も「葉柄と葉身の境目付近に腹端を固定し、葉先を向いて蛹化する結果、背面の模様が葉脈とまぎらわしくなる。」と説明しています。
 しかし、大分だけミカドアゲハの蛹化行動が他地域とは著しく異なっているように見えますが、理由は不明です。あり得ない妥当な説明は「大分のミカドアゲハは別種」でしょう。

 参考文献 
 福田春夫他、昭和57年、原色日本蝶類生態図鑑(T)、90-97、保育社。
 ミカドアゲハの蛹化方向−葉先方向?それとも葉柄方向?−、タテハモドキ(51)、1-6、宮崎昆虫同好会。


 平成28年7月21日(木)。蜂は場所を覚えていて、繰り返しやってきて、葉っぱを一枚一枚丁寧に調べます。幼虫が全滅することも珍しくありません。屋外で飼育するときは必ず網を被せておく必要があります。
 今回はできるだけ自然にという事で網をしていませんでしたが、結果は予想されたとおりです。


 平成28年7月23日(土)。上♀、下♂。


 平成29年6月14日(水)。色違い。普通に珍しい。


 平成29年6月16日(金)。逆光で撮っています。体が少し透けて、上との色の違いがよく分かります。緑色のサナギがもっとも普通に見られます。


 平成29年6月5日(月)。やや逆光ぎみ。洗濯物干しで蛹化。サナギには色々とあるようです。